お客様の声|介護リフォーム・バリアフリー工事の施工は京都城陽市の【株式会社 佐久間建設】にお任せください。

毎日の生活を彩り、心やすらぐ快適な家。

お客様の声

介護リフォーム(大改修工事) / 60代 男性(脳梗塞患者・要介護2)

店舗の約半分の床を上げ、Aさんの生活スペースに玄関から車椅子で進入出来る段差解消機設置、介護型トイレの設置、屋内バリアフリー工事等、介護保険制度を利用した。
すごく過ごしやすくなりました。以前は、車椅子がなければ動くことも出来なかったが、最近は家の中なら杖を片手に動くことも出来ます。今は介護センターでの出会いも合って、生活に楽しみを見つけています。改修して良かった。佐久間さんには、本当に感謝しています。

トイレの介護リフォーム(手摺工事) / 70代 女性(要介護3)

加齢による腰椎圧迫骨折、左麻痺、右側健常、車椅子生活になりました。
PT立ち合いのもと、開口部を広げ、車椅子を便座に寄せる方法も検討しましたが、右手の握力が残っているので、介助を受けての移乗にて進めることとなりました。
改修後、身体が不安定になることに、大きな恐怖心持っていましたが、手摺を使うことで、それが解消できたので安心して移乗ができるようになり、介助者にとっても介助が楽になりました。

浴室介護リフォーム(手摺、シャワーチェア工事) / 60代 男性(アルツハイマー麻痺・要介護4)

妻は介助に伴い、入浴の際の安全性に最も不安を感じていました。3本の手摺、設置後は、自然に手摺を使用するようになり、安全面での不安は解消されました。洗体時の介助も、シャワーチェアの使用で、腰をかがめる必要がなくなり、同時に最も困難だった向きを変える動作が省略でき、介助の軽減につながりました。妻の不安がそのまま本人に伝わっていたのか、不安感が解消されたことで、入浴がスムーズに行えるようなり、大変助かりました。
施工実績

ページの先頭へ