介護リフォーム|介護リフォーム・バリアフリー工事の施工は京都城陽市の【株式会社 佐久間建設】にお任せください。

毎日の生活を彩り、心やすらぐ快適な家。

介護リフォーム

【佐久間建設】の介護リフォーム

京都城陽市を中心に高齢化対策としての介護リフォームをはじめ、ご自宅で病気やケガの後遺症などに対応しながら、ご本人もご家族も安心して快適に暮らせるための介護リフォームを承っております。
お部屋と廊下の段差の解消、廊下やトイレ、バスルームへの手すりの設置をはじめ、玄関アプローチをフラットにしたり、スロープを付けたり、出入り口の間口を広げたりとニーズに合わせてさまざまなご提案とバリアフリー工事が可能です。
まずは必要なところだけの小さな工事から、お家全体や玄関やお庭まわりまで含めた大規模工事まで対応できますので、どうぞ安心してご相談ください。
介護保険を利用したバリアフリーリフォームも可能ですので、コスト面の負担も抑えた安心の工事が実現します。

介護リフォームの目的

その1. 事故防止・安全性の向上

安全性を考慮した介護リフォームなら当社にお任せください。
お住まいの中には高齢者やお体の不自由な方だけでなく、小さなお子様をはじめとするご家族やペットにとっても危険が潜んでいます。
わずかな段差でもつまずいて転んでしまったり、うっかり滑って転んだりするといったリスクも考えられます。
段差を解消する、フローリングやお風呂場の床を滑りにくい床に変える、支えとなる手すりなどを付けると安心です。安全性が向上することで事故の未然防止につながりますので、どうぞご相談ください。

その2. 自分で動けるように自立を促す

トイレの間口を広げ、引き戸にしたうえで手すりを付けたり、自動開閉や自動洗浄機能付きの便器に交換したりすることで、車椅子でも一人でトイレに行きやすくなり、介助の負担なくご本人だけで快適に用を足せるようになります。
廊下に手すりが付けば、一人で移動もしやすくなり、動く範囲も広がります。
バリアフリー工事によってご本人の残存能力を引き出すことができ、リハビリの一環や機能維持の向上にもつなげられるのもメリットです。

その3. ストレスの軽減

バリアフリーでお一人でもできることが増え、ご家族やヘルパーの方が介助しやすくなるとお互いの心身の負担を減らすことができます。
ご本人ができないことによる不快感、ご家族の介護疲れによるストレスも軽減され、訪問ヘルパーの方も快適にお仕事ができ、より充実の介護サービスを提供できるようになります。
介護のストレスがつらい、ご本人がストレスを溜めていると感じている方もどうぞご相談ください。

介護保険を利用したリフォームの流れ

STEP01. 要介護認定の申請

まだ介護認定を受けられていない場合には、まず要介護認定の申請を行い、認定を受けることが必要になります。
必ずしも認定が受けられない場合もありますが、状態に合わせた要支援から要介護までの認定を受けることが可能です。

STEP02. 現地調査を受ける

認定を受けるためには実際の状態の確認が不可欠です。
申請を行うと市区町村のケアマネージャーが調査に訪れ、ご本人の状態やお住まいの状況、ご家族の介護状況などを確認し、認定の判断基準にします。

STEP03. かかりつけ医へ意見書の提出をお願い

介護認定を受けるにはかかりつけ医の意見書の提出が求められます。
かかりつけ医に指定の意見書を提出し、作成してもらってください。かかりつけ医の意見書と現場調査の結果などをもとに、判定が行われます。

STEP04. 介護保険費用の支給

介護認定を受けるまでには市区町村にもよりますが、1ヵ月から数ヵ月程度かかることもあります。
認定を受けることができましたら、そのランクに従い、上限額の範囲内かつ1割負担でバリアフリー工事ができます。

介護リフォーム事例

 
 

屋内手摺工事

写真左:玄関が狭く、段差も大きく、ふらつく為、手摺をつけてふらつき転倒を防止する。
工期 1日 費用 約12万 I邸 中京区

写真右:玄関ホールが大きく袖壁もなくふらついた時危険、ゆえに手摺棒を床から付けて、転倒防止を図った。又、上り框の段差350mmと大きく関節への負担が大きく踏み台をつけることによって軽減した。
工期 1日 費用 約5万 S邸 下京区

 
 

屋外スロープ工事・レンタルスロープ

写真左:門柱から玄関までのスロープが大きく、幸い1/10のスロープつけられたので、10m程の折りかえのスロープが出来ました。同じ手摺も取付ました。
工期 2週間 費用 約80万 K邸 伏見区 脳梗塞

写真右:段差多い場合、又はスロープまっすぐな場合(3m)レンタル利用可(3m以外も用意有)
工期 1日 レンタル 南区 要支援2

 
 

福祉機器階段昇降機設置

屋外階段急な為、上れず要介護3になったのでADLが落ち2Fの玄関まで取付ました。(但し、55度まで)椅子は都度折りたたみ、回転可、但し雨の場合、屋根が必要
工期 1日 費用 約55万 左京区

 
 

浴室・車いす対応洗面台改修工事

車椅子対応、フラットレール排水溝付、引戸に大きな手摺を付けました。
洗面台は車椅子ごと入れるよう開いた空間にし、洗面台は深く、鏡は15度に傾けました。
工期2日~3日 費用 約150万 K邸 京田辺市

 
 

介護保険住宅改修(手すり設置)

外部階段長く玄関までのアプローチも長く、ふらつきや転倒防止の為、屋外階段にステンレス38mmの手摺を付けました。又、関節への負担も軽減されました。
工期 1日 費用 約15万 W邸 城陽市

 
 

介護保険住宅改修(3枚戸工事例)

脳梗塞で車椅子生活になりトイレへの移動が不便でかつ出入口が入りにくかった、ゆえにフラッターレール無しの吊下げ戸車の戸にして開閉をスムーズにした。
工期約1週間 費用 約48万 N邸 南区

 
 

介護保険住宅改修工事(洋式便器への取替え工事)

床は段差を無くしフラットな洋式トイレに変更しました。床下との段差は床工事の際、解消しています。おかげでふらつき、転倒がなくなりました。
工期3日~4日 費用 約20万 下京区

 
 

介護保険住宅改修工事(和式便器から洋式便器への取替え工事)

和式トイレの便器の為、しゃがむ姿勢では胸に痛みが出る為、時間をかけてしか排泄が出来なかったが、洋式トイレ(座位)となったことで排泄のしやすさと座る姿勢がとれる為、排泄が楽になりました。
賃貸アパート居住では、何も出来ないとあきらめていたが、生活の継続が可能になり、自立した行動が出来るようになりました。
工期4日~5日間 費用 約38.8万(介護保険20万適用) T邸 宇治市

 
 

介護保険住宅改修工事(トイレ、手すり取付工事)

トイレ内の便座からの立ち座りを補助する為、L型の手すりを取り付けました。そうすることによって、ふらつき、転倒を予防し、安全で自立した排泄動作を可能にしました。(ご本人90歳で要介護3のお客様)
工期 1日間 費用 下地共 約¥25,000円 K邸 城陽市

施工実績

ページの先頭へ