新築住宅|介護リフォーム・バリアフリー工事の施工は京都城陽市の【株式会社 佐久間建設】にお任せください。

毎日の生活を彩り、心やすらぐ快適な家。

新築住宅

自然素材をつかった建築

佐久間建設では介護リフォームの他に、自然素材を使った新築の施工も行っています。
土台や柱などの構造部分、床や壁などに無垢材(天然木材)を使うことで独特のやさしい風合いが生まれる住宅は、癒しの空間として近年人気があります。壁には貝殻や海藻の化石に海藻糊などを加えてつくった漆喰や珪藻土を使うこともあり、調湿効果やCO2吸収効果、ホルムアルデヒドの吸収や分解などの特性効果があります。見た目もやさしく、あたたかみが有るのが特徴です。
また、無垢材は衝撃をやわらげたり、反響音を吸収する効果があり、お子様が家中を走り回っても安心です。元気にのびのびと遊ばせてあげることができるため、小さなお子様のいらっしゃるご家庭にもおすすめです。
家族の健康や心地よい暮らしのためにも、安全で安心な自然素材をおすすめいたします。

自然素材の新築住宅のメリット

湿気に強い
日本の気候に合った国産材で家を建てることで、梅雨の湿気が多い時期でも家にも住む人にも優しい住宅がつくれます。

身体に優しい
シックハウスの原因となる防虫剤や防腐剤を使用していません。
また、集合材のように接着剤を使用していないので、化学物質によるシックハウスやアレルギーの心配も不要です。

価格表

やすらぎの家 スタンダードタイプ

やすらぎの家 ナチュラルタイプ

建築例

無垢材だけが持つ、木のあたたかさややわらかさ、そして体と心を癒してくれる健康効果は本物の自然素材の家の魅力
無垢材は、衝撃をやわらげたり、反響音を吸収したりする効果もあるので、お子さんを元気にのびのびと遊ばせてあげることができます。
無垢材は月日を重ねるほど強度が増し、耐久性や耐震性にも優れています。
床や壁などに無垢材を使うことで独特のやさしい風合いが生まれます。
素材や健康に配慮する、またそこで暮らす人が心地よく、永く住み続けられる自然素材の家。
素材や健康に配慮する、またそこで暮らす人が心地よく、永く住み続けられる自然素材の家。
シックハウス、アトピーに悩まされることのない家。
製材後も呼吸を続ける無垢材を使うことで、木の持つ調湿性や脱臭性、遠赤外線効果によって、夏涼しく冬暖かいという効果もあります。
自然素材である漆喰や珪藻土は、調湿機能や断熱効果、消臭性や防火性に優れ、とくに漆喰はCO2の吸収や、カビや細菌の発生・増殖を抑える効果、化学物質を分解する力を備えます。
施工実績

ページの先頭へ